2024年

WS切り絵で風鈴の短冊作りを開催しました!

2024年7月7日にワークショップ「切り絵で風鈴の短冊作り」を開催しました。

講師の遠藤先生と楽し気な雰囲気ではじまりました。

皆さん真剣に短冊の作成をされていました。ご参加いただきありがとうございました!

次のワークショップ開催をお楽しみに♪

 

 

 

気軽に一服「七夕茶席」を行いました【2024.7.4】

本日、爲三郎記念館邸内「桜の間」にて、気軽に一服「七夕茶席」を行いました。当館所蔵の茶道具より七夕にちなむものを取り合わせ、丸窓のそばには、五色の短冊をイメージした台に梶の葉を浮かせ美術館ならではの茶席をお楽しみいただきました。本日ご参席の皆様ありがとうございました。

■茶碗

  • 楽吉左衛門(9代)           黒茶碗 銘 流星
  • 不詳       青井戸茶碗 銘 七夕
  • 中村道年(初代)              三島写楽茶碗
  • 清水六兵衛(初代)           蘭絵茶碗
  • 田原陶兵衛(12代)         萩焼茶碗
  • 不詳       青磁茶碗 銘 緑陰
  • 瑠美庵寛              パート・ド・ヴェール茶碗
  • 加藤 勁              ガラス茶碗

■和菓子「願い笹」梅屋光孝製

   

名古屋市松雄副市長ご来館

7月2日に名古屋市松雄副市長が名古屋の中国領事館総領事の楊様とご来館され、爲三郎記念館で「篠田桃紅」展をご鑑賞され、茶席を楽しまれました。

楊総領事(中央左)松尾副市長(左)

 

第3回公募展古川美術館Fアワード 審査の様子を公開いたします

 

第3回となった公募展Fアワード。
今年も100点超の作品の応募がありました。
ご応募くださったみなさん、ありがとうございました!

高校部門、大学部門と分けて、厳正なる審査を実施し、今年は37点の作品の入選が決定しました。また、詳細は6月末にホームページにてお知らせいたします。

入選した作品も、残念ながら選外となった作品も、どれも全て力作揃いで、公募展事務を担当している職員は、全てに心を奪われました。
第3回展からは、どんな作品が応募されていたか、全応募作品を皆様にお伝えできるようにホームページや公式Instagramで発信していきますので、注目していてください!
 
第3回公募展古川美術館Fアワード入選作品展は
2024年8月17日(土)~8月25日(日) ※月曜休館
 
授賞式は、当初予定していた17日(土)ではなく、前日の16日(金)13時に開催する予定です。(開始時間は14時ではなく13時です。)

6月18日前愛知県知事で愛知県芸術センター総長の神田真秋様ご来館

過日、元愛知県知事で愛知県芸術センター総長の神田真秋様が、現在開催中の篠田桃紅展をご鑑賞くださいました。大変ご熱心に古川美術館と分館爲三郎記念館の作品に見入っていらっしゃいました。

元愛知県知事で愛知県芸術センター総長の神田真秋様と古川爲之館長

篠田桃紅展⭐︎トールマンコレクションギャラリートークを開催しました。

 

107歳の生涯を墨による芸術創作にかけ、人生を切り開くように常に新しい表現を目指した美術家 篠田桃紅(しのだ とうこう)の展覧会がはじまりました。

今回は、篠田桃紅の創作活動を長年にわたり見守ってきたザ・トールマン コレクションより、公開する機会の少ない貴重な肉筆作品と、約50年にわたり取り組んだ版画作品を古川美術館と分館爲三郎記念館の両館で展覧しています。

初日の昨日はトールマンコレクションのスタッフの方によりますギャラリートークが開催されました。

ノーマン・トールマン様と古川館長をパチリ📷