現在の展覧会関連イベント

各種申込ご予約は、お電話(052-763-1991)にて古川美術館まで

古川美術館関連イベント

市野鷹生によるアーティストトーク

出品作家である市野鷹生氏にご自身と、父兄の作品についてお話頂きます。

 日 時  10月22日(土)、11月24日(木)各日14:00~
 参加費  無料 ※別途入館料必要
 会 場  古川美術館展示室
 備 考  予約は不要です。

≪市野展≫担当学芸員によるギャラリートーク

古川美術館特別展「名古屋に芸術村を!市野亨と龍起・
鷹生~100年の命宿る色彩」の担当学芸員による作品解説を行います。

 日 時  10月29日(土)、12月9日(金)各日14:00~
 参加費  無料 ※別途入館料必要
 会 場  古川美術館展示室
 備 考  予約は不要です。

≪市野展≫能楽堂見学付き市野亨筆名古屋能楽堂けい古室鏡板を観よう! 要予約

市野鷹生氏と一緒に、市野亨が描いた能楽堂鏡板を鑑賞しませんか?
舞台・展示室・けい古室、すべての鏡板の老松・若松を見学する貴重な機会です。

 日  時  12月7日(水)10:00~12:00
 参  加  費  1,500円
 参加資格  古川美術館年間パスポート会員様とその同伴者様
 会  場  名古屋能楽堂(現地集合9:45)
 持  ち  物  靴下(ストッキングの方も靴下持参)
 申  込  古川美術館へお電話(052-763-1991)
       もしくはフロントにて

作家ワークショップ「伊勢型紙で干支のウサギを彫ろう!」 要予約

伊勢型紙作家・六谷春樹先生オリジナル図案数種類の中から
絵と渋紙などを選び、小刀で彫って型紙アートを作りませんか?

 日 時  12月3日(土)14:00~
 参加費  2,500円(道具・材料費込み)
 講 師  伊勢型紙作家・六谷春樹氏
 会 場  古川美術館3階会議室
 申 込  古川美術館までお電話(052-763-1991)
      もしくはフロントにて
 持ち物  特になし
 備 考  上記の金額の他に別途入館料必要

2022年度後期文化講座「文(ぶん、ふみ)」 要予約

文化や芸術について各分野の専門家がさまざまなテーマでわかりやすく解説する
古川美術館連続文化講座。
コロナで中止していた対面版も2022年度は再開します。
2022年度のテーマ「文(ぶん、ふみ)」
パスポート提携館の学芸員に各館所蔵の作品を用いながらお話していただきます。
もちろん、オンライン受講も、一回のみの受講も可能です。
一回のみの受講も可能です。
ぜひご参加くださいませ★

11月30日(水)13時30分~15時
テーマ:銘(裏印)から読み解く、作品のプロフィール
講 師:原 久仁子氏(横山美術館学芸員)
内 容:陶磁器の底面などに書かれた銘や裏印といった文字をもとに、
    限られた情報からどのように作者や制作年代を明らかにするのか、
    ご一緒に紐解きます。
聴講費:一回1,000円
備 考:会議室でのご聴講の場合、別途入館券(一般定価1,000円)が必要です。

12月16日(金)13時30分~15時
テーマ:«はりえ日記»にみる宮脇綾子の人と作品
講 師:成瀬美幸氏(豊田市美術館学芸員)
内 容:日本全国に根強いファンがいる創作アプリケ作家・宮脇綾子
   (1905-1995)の作品から彼女の人と作品の魅力に迫ります。
聴講費:一回1,000円
備 考:会議室でのご聴講の場合、別途入館券(一般定価1,000円)が必要です。

2023年1月27日(金)13時30分~15時
テーマ:俳人 鶴田卓池の句と画
講 師:浦野加穂子氏(岡崎市美術博物館学芸員) 
内 容:江戸時代後期に活躍した俳人・鶴田卓池の軽妙な俳画と
    俳句の魅力と松尾場所から卓池に至る三河俳諧の歴史を紹介します。
聴講費:一回1,000円
備 考:会議室でのご聴講の場合、別途入館券(一般定価1,000円)が必要です。

2023年2月17日(金)13時30分~15時
テーマ:千種区の画家・鬼頭如石について~新規資料を中心に
講 師:山内綾子(古川美術館学芸員) 
内 容:千種区出身にアトリエを構えていた日本画家・鬼頭如石は川合玉堂に
    師事し、情緒豊かな風景画を手がけました。
    本講座では謎に満ちた鬼頭如石の画家の骨格を新規資料と共に
    紹介します。
聴講費:一回1,000円
備 考:会議室でのご聴講の場合、別途入館券(一般定価1,000円)が必要です。

聴講方法と定員
■会場での対面で聴講 定員18名
 ※会場(古川美術館セミナールーム)で聴講します。
■ご自宅などでオンライン聴講
 ※Microsoft Teamsで会場の講座を配信いたします。
  聴講に際に必要なURLなどはおってご連絡いたします。

お得なお知らせ
相互提携をしている以下の美術館の年間パスポート会員のみなさまは、
会員証等のご提示により講座開催日は無料でご入館いただけます。
 相互提携美術館
  ヤマザキマザック美術館
  桑山美術館 
  徳川美術館
  豊田市美術館
  横山美術館
  立川美術館

為三郎記念館関連イベント

特別講演会 武者小路千家官休庵家元後嗣 千宗屋氏による古物のこころ―三人のコレクションより― 要予約

出品作家とも交流を持つ千宗屋氏が、古物愛好家の目線で3人のコレクションを語ります。

日  時|11月13日(日) 14:00〜15:30
定  員|100名
料  金|1,500円(別途2館共通入館券必要)
場  所|ルブラ王山(古川美術館から徒歩5分)
申  込|古川美術館(電話・フロント)

≪形の素展≫コレクションへの想い上映会

爲三郎記念館では、作者のコレクションへの想いを
編集したトーク動画を以下の日程で放映します。

日  時:2022年11月4日(金)~12月2日(金)
場  所:爲三郎記念館「桜の間」
備  考:11月17日と12月1日はお茶席のため上映中止

≪形の素展≫担当学芸員によるギャラリートーク

爲三郎記念館特別展「形の素2022 赤木明登・内田鋼一・長谷川竹次郎の古物のコレクション展」
の担当学芸員による作品解説を行います。

 日 時  11月5日(土)、11月26日(木)各日14:00~
 参加費  無料 ※別途入館料必要
 会 場  分館爲三郎記念館
 備 考  予約は不要です。

気軽に一服 「木曜茶席」

どなたでもお楽しみ頂ける気軽なお茶席です。
展示空間の中でお薄一服、お楽しみください。

日  時 11月3日(木・祝)、17日(木)
     12月1日(木)、15日(木)
     ①10:10~ ②10:50~ ③11:30~
     ④13:10~ ⑤13:50~ ⑥14:30~ ⑦15:10~
定  員 各席9名
料  金 呈茶代1,000円(別途入館料要)
場  所 爲三郎記念館「桜の間」立礼席
備  考 呈茶付単館券・呈茶回数券・呈茶招待券の方は追加300円にてご参加いただけます。
     予約は不要です。開館10時より爲三郎記念館内の専用受付にてお申込みください。

その他のイベント

お年賀商品「金の羊羹」販売のお知らせ 要予約

本年も「金の羊羹」を販売いたします。
年末年始のお使い物にいかがですか?

予  約▶令和4年11月15日㊋~12月18日㊐
価  格▶4,480円(税込)
予  約▶古川美術館フロントもしくはFAX(052-763-1992)にて
支  払▶古川美術館フロント、もしくはお振込み
お 届 日▶令和4年12月22日㊍~令和5年1月8日㊐
賞味期限▶お渡しから3週間
引  取▶京菓子司「梅屋光孝」より直送(クロネコヤマト宅急便)
備  考▶送料は別途900円 ※梅屋店頭引き渡しの際は不要

冬の呈茶回数券キャンペーン

キャンペーン期間は通常3,500円(税込)(1枚700円×6枚綴り)
のところ割引価格3,250円(税込)にて販売します。

期   間▶令和4年12月1日㊍~12月18日㊐
場   所▶古川美術館・分館 爲三郎記念館各フロント
価   格▶1冊:3,250円(税込) 一枚当たり541円
有効期限▶購入日から1年後翌月末まで