次回の展覧会

古川美術館分館爲三郎記念館同時開催「佐光亜紀子 洋画展 – 花と月と世界遺産」

太古へのロマンと暖かな色彩が見るものを魅了する、愛知県長久手市在住の洋画家・佐光亜紀子の初となる本格的な回顧展を開催します。現在、フランスのサロン・ドートンヌ会員として活躍する佐光は、女子美術大学に学んだ後、イメージの源泉となる海外取材を続けています。ヨーロッパをはじめ、南アフリカ、中央アジア、南米、東南アジア、アラビア半島など94か国もの世界各地を旅し、人類の残した偉大な遺跡から得た感動を作品に表しています。遺跡とともに描かれた花や女性、月といった儚さを秘めたモチーフは、作者が深い愛しみの心情を持つものです。それらは、天性の明るさを帯びた色彩と溶け合い、穏やかで希望に満ちた大気に包み込まれています。
古川美術館では、40年に及ぶ世界遺跡を巡る旅から生まれた「時が世界を歩く―世界遺産の旅」シリーズ、そして身近な花や女性をテーマとする「花たちは歌い夢見る―愛と希望の夢」シリーズをご紹介します。また、春風の心地よい分館爲三郎記念館では、「ヨーロッパから春の便り」と題し、ギリシャ、イタリア、フランスなどヨーロッパの風光を伝える佐光作品をお届けします。

佐光亜紀子「想い出うるわし」2021年

佐光亜紀子「カッパドキア・トルコ」2008年

 

佐光亜紀子「ギリシャ」2020年

佐光亜紀子「ペルシャ幻想・イラン」2014年

 

佐光亜紀子「白い巨人-タッシリ・ナジェール(アルジェリア)」2008年

佐光亜紀子「愛と希望の夢」2019年

 

佐光亜紀子「南アフリカ」2001年

 会期  2022年3月12日(土)~4月10日(日)
 休館日  毎週月曜日
 主催  公益財団法人古川知足会  
 協力

 愛知製鋼株式会社、株式会社イノアックコーポレーション、
 株式会社東海メディカルプロダクツ

 後援

 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、長久手市教育委員会、
 中日新聞社、CBCテレビ、東海テレビ放送、
 スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社、ひまわりネットワーク株式会社

チケット販売所

販売期間】2022年1月20日(木)~2022年4月10日(日)
 チケットぴあ:685-867

 
セブンイレブンチケット  セブンコード: 092-344 
 

 ファミリーマートCNプレイガイド :cn-35536

 開館時間  午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)