次回の展覧会

第17回朱生会展「木村光宏とその仲間たち」

日本画家・木村光宏が主宰する「朱生会(しゅせいかい)」は、精力的に活動を続ける作家が所属している日本画研究会で、毎年多くの日展入選者を輩出し、特選受賞者が何人も在籍しています。
木村が主宰する研究会は「朱生会」のほかに「閑輝会(かんきかい)」があり、いずれも≪日本画を描く者で組織され、会員相互が切磋琢磨し、日本画の研究・創作を目的とし、作品を発表し互いに勉強し、各地域の美術文化に貢献する≫という活動目的を掲げています。毎年電気文化会館で「朱生会展」を開催してきましたが、本年は会場を古川美術館に移し、所属会員15名の出品で開催する運びとなりました。
日展会員でもある木村光宏は風景画、特に雄大な風景を得意としますが、木村は自身のスタイルを決して押し付けず、個々人の特性を(得意な表現)を生かした指導をするため、会員の作品には実に様々な表現がみられます。これまでの「朱生会展」では、通常100号以上の大作を出品していましたが、今回は会場に合わせて80号前後の作品に揃えました。それぞれの個性が光る作品はどれも見ごたえがあり、展示室全体から、作家たちの日本画に対する熱い思いがエネルギーとなってほとばしります。

 会期  2022年9月10(土)~10月10日(月・祝) 
 休館日  毎週月曜日
 会場  古川美術館 
 主催  朱生会 / 公益財団法人古川知足会 
 後援

 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、中日新聞社、東海テレビ放送、
スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社

チケット販売所

販売期間2022年7月1日~10月10日
チケットぴあ:コード:686-113


セブンイレブンコード: 095-903

 

ファミリーマートコード:cn-35777

 

ArtSticker(アートスティッカー)にてチケット販売中→ArtSticker

開館時間 午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)

畑中那智子「冬の奏」2022年

畑中那智子「冬の奏」2022年

竹内恵利子「collection」2022年

竹内恵利子「collection」2022年

國井たか子「雪あかり」2022年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「墨游(ぼくゆう)~木村光宏 墨と戯(たわむ)る」

本展は日本画家・木村光宏による初めての墨画展です。これまで多くの風景画を発表し続け、色彩豊かな画風で人々を魅了してきた木村が、あえて抽象的な表現にこだわった墨画を発表します。すべての作品は本展のために制作した新作で、本邦初公開となります。
墨色一色の水墨画のほか、日本画家らしい岩絵の具を交えた墨彩画の作品が、会場となる爲三郎記念館を彩ります。これらの作品は、木村そのままの自由闊達な姿かたちであり、その瞬間の心を紙上に写しています。またそれは、鑑賞者にも自由な発想と想像の広がりを与え、昭和初期の数寄屋建築である爲三郎記念館と、木村の抽象的墨画作品とが呼応しあい、観るものをそれぞれの≪墨游≫の世界へと誘うことでしょう。

 会期  2022年9月10(土)~10月10日(月・祝) 
 休館日  毎週月曜日
 会場  分館 爲三郎記念館(旧古川爲三郎邸) 
 主催  公益財団法人古川知足会 
 後援

 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、中日新聞社、東海テレビ放送、
スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社

チケット販売所

販売期間2022年7月1日~10月10日
チケットぴあ:コード:686-113


セブンイレブンコード: 095-903

 

ファミリーマートコード:cn-35777

 

ArtSticker(アートスティッカー)にてチケット販売中→ArtSticker

開館時間 午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
木村光宏 「招」 2022年

木村光宏 「招」 2022年