次回の展覧会

特別企画「花人 河村敦子 妹に捧ぐ命の花」

今から10年前、一人の洋画家がこの世を去りました。その人の名は平田豊美、花人河村敦子の実の妹にあたります。花人・河村敦子は、変化に富んだ日本の四季を心より愛で、活け花を通じ表現してきました。花器にいけられた花自体のフォルムのみならず、展示する場を意識した河村の活け花は空間を斬新にも一新させる力を秘めています。本展では、そんな花人・河村敦子の≪花を活ける≫とルーツに迫ります。
河村の妹・平田は画家になることを夢みていましたが両親に反対され、40歳でようやく絵に向き合うことができました。しかしこれからという60歳に胃癌にかかり、61歳でこの世を去ります。最後まで筆をとり、短くも太く描き続けた彼女の生き様は、花人・河村敦子の心に強い影響を与えました。
平田は晩年、北海道の風景に惹かれ、各地を巡り作品を手掛けました。それは1995年、心機一転をするために河村が訪れた地でもありました。強く邁進する姉の足跡が、≪生きたい≫と願い筆をもつ平田の背中をおしたのでしょう。晩年の渾身の作品群はこうした姉妹の絆から生まれたものです。そして河村は平田の没後、妹への想いを追体験する為に彼女の作品の取材地を巡ります。それは妹の通った道を辿り、そこで何を見て、何を感じたか、妹の想いを紡ぐ旅となりました。河村から平田へ、そしてまた河村へと廻ったこの想いは、その後の河村の強い表現力となったのです。
花人・河村敦子の花には人の心に寄り添える優しさがあります。それは河村の辿った妹への追体験が形となっているからでしょう。本展は平田の没後10年、ようやく妹への想いと向き合う決心のついた河村の姉妹の絆、弔いの心を活け花に託し展開します。

河村敦子『抜海砂丘』

平田豊美『朝の歓び』

 会期  平成30年2月16日(金)~2月18日(日)
 会場  分館 爲三郎記念館
 主催  公益財団法人古川知足会  
 開館時間  午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)

古川美術館企画展「黒野清宇遺墨展~かなの美」

かな書の第一人者の一人で2017年7月に逝去した愛知が誇る書家・黒野清宇(1930-2017)の遺墨展を、彼が主宰したかな書研究会の《玄之会》の協力のもと、開催いたします。
黒野清宇(本名・貞夫)は1930年に豊田市に生まれました。若いころより書家を志し、愛知学芸大学(現・愛知教育大学)在学中より《かな》に惹かれ、古筆の臨書、倣書に励みます。しかし書も展覧会で大会場に展示されるようになり、かなも漢字と同じように壁面芸術としての大きな文字を求められるようになると、師・宮本竹逕らとともに「大字かな」運動に加わります。小さく典雅なかな文字だけではなく、大きな壁面芸術としての大字を研究し、《かな》の新たな可能性を切り拓いていったのでした。そして黒野は日展・日本書芸院展を中心にかな書を発表し続け、愛知県芸術文化選奨、日展文部科学大臣賞を始め、数々の受賞を重ねます。2009年には第61回日本藝術院賞を受賞し、かな書の第一人者として書道界で活躍しました。同時に母校の愛知教育大学で教鞭(1972-1992)をとった他、玄之会を主宰し、後進の育成とかな書の普及と発展に大きな功績を残しました。
かな書一筋の黒野清宇の書は、日本の書論から仮名の書法を研究し、そこに現代的なものをどうやって取り入れるかを様々に試みています。そしてかな書ならではの、文字と文字のつながり(連綿)、それによって生み出される流麗で柔らかな線、その線に立ち現れる濃淡の墨の調子、変化に富んだ構成と造形の妙の全てが一体となった上に、万葉仮名と漢字、かなを組み合わせたり、放ち書きをしたりと、現代人として生きる力強さも感じさせる、独自の書の境地を切り拓いたのです。晩年には「万葉集」、特に「貧窮問答歌」をテーマとした大字かなに、線情豊かな書を発表しました。
本展では、黒野の晩年の「貧窮問答歌」(万葉集)の書を中心に、黒野の書の原点ともいえる平安の散らし書きの伝統を汲んだ美しく繊細な書、若い頃の流麗なかなの帖、また日々の想いをつづった書、蒐集した文房四宝(筆、硯、墨、紙)なども展示し、さまざまな黒野の書の世界を展覧します。
また分館の爲三郎記念館では黒野清宇の作品とともに、玄之会の書家の作品を展示します。かなの美を通じ、書に生きた黒野清宇の生の軌跡をご覧ください。
地をご覧ください。

黒野清宇 「しろがねも」2013年 (2017年日展 遺作出品)

黒野清宇 「かなの帖」

黒野清宇コレクション

黒野清宇コレクション

 会期  平成30年3月7日(土)~4月15日(日)
 休館日  月曜日
 会場  古川美術館 分館 爲三郎記念館
 主催  公益財団法人古川知足会、玄之会
 後援  愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、中日新聞社、公益社団法人 日本書芸院、東海テレビ放送株式会社、スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社
 開館時間  午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
 チケットぴあ  Pコード 768-781  ◎販売期間 1月10日~4月15日