爲三郎記念館について

概要

kinenkan初代館長故古川爲三郎の没後、爲三郎の「わたくしが大好きなこの住まいを、みなさんの憩いの場として使っていただきたい」という遺志を受けて、平成7年11月から古川美術館の分館「爲三郎記念館」として開館し、庭園と数寄屋造りの「爲春亭(いしゅんてい)」、茶室「知足庵(ちそくあん)」等の公開を始めました。
爲三郎記念館の母屋にあたる「爲春亭」は 急勾配の斜面に建てられた数寄屋造りで、昭和9年に棟上げされています。
また、巨木を大切にしてきた爲三郎が、大木には神様が宿るという信念を貫き一目で気に入った椎(しい)が茂る日本庭園や、その中にひっそりとたたずむ茶室「知足庵」では四季折々の自然の美しさを感じ取れます。
現在は、古川美術館の様々な活動とあわせて年間数回の企画展示、や茶会などの各種イベントなどを催しておりますいます。
平成25年には名古屋市景観指定文化財に認定され、平成30年11月には「爲春亭」や「知足庵」をはじめとする6件の建造物が国の登録有形文化財に登録されました。

館内のご案内   Googleマップ インドアビュー

マウスなどで操作して館内をご覧いただくことができます。