現在の展覧会

古川美術館 分館爲三郎記念館同時開催「再開催!愛知の工芸2020」

2020年3月より開催した「愛知の工芸2020」展は新型コロナウィルスの感染拡大防止の処置として発令された政府の緊急事態宣言をうけ、会期半ばで休館することとなりました。「愛知の工芸 2020」展は66名の工芸作家を一堂に紹介する内容で、出品されたすべての作品はいずれも作家の代表作でした。その渾身作を今一度、世に送り出したいと再び同内容で開催します。
「愛知の工芸2020」のテーマは<素材>。工芸で使用する素材にはそれぞれの長所、短所があります。作家たちはその素材を駆使しながら長所を最大限に生かし、実験、検証、失敗を繰り返す中で素材の限界に挑戦します。そしてその素材だからこそ生まれる美、表現にたどり着くのです。
本展はそれぞれの作家がどのように素材に向き合っているかを紹介し、作品の魅力に迫ります。
《モノづくり》愛知を芸術の分野で支える作家を一堂に展覧できる工芸展。伝統、創作、前衛、クラフトといった垣根を越えた作家の交流を再びお楽しみください。

名倉鳳山「光陵硯-Mashera Inca-」

伊部英子「風草の風景」

梅本孝征「色絵流加彩器」

 会期  2020年9月12日(土)~10月11日(日)
 休館日  毎週月曜日
 主催  公益財団法人古川知足会  
 後援

 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、中日新聞社、CBCテレビ、東海テレビ放送
 スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社

チケット販売所

 3月の「愛知の工芸2020」展の招待券と前売り券は使用可能
 チケットぴあ:コード685-351 販売期間7/15~10/11
 
セブンイレブンチケット(セブンコード:085-212)販売期間7/15~10/11
 

 ファミリーマートCNプレイガイド コード:34971 販売期間7/15~10/11

 開館時間  午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)

出品作家(五十音順)※赤文字は来館日

 陶芸  染織
 明石 朋実
 伊藤 公洋
 岩渕  寛
 梅田  洋
 梅本 孝征 9/12
 梅村 拓生 9/12
 太田 公典
 大谷 昌拡
 岡崎 達也
 加藤 令吉 9/12
 柄澤あかり
 鯉江  廣
 小林 由依
 近藤 葉子 9/27
 小枝 真人
 酒井 智也
 佐藤 文子
 髙山  愛
 竹内孝一郎
 田中 良和
 樽田 裕史
 寺田 鉄平
 冨田  亮 9/19
 波多野正典 9/19
 前田 正剛
 水野 真澄
 宮下  陽 9/27
 宮部 友宏
 森  克徳
 屋我 優人
 山口 真人
 矢作  薫 
 石上久美子
 磯 緋佐子
 伊部 英子
 上田 章子 9/26
 小山田尚弘
 加藤  玲
 神谷あかね
 久野 剛資
 小林 敬子
 小林佐智子 9/26
 杉浦 雅子
 多々内都子
 永田 敏美
 新野 素子 9/13
 二宮 祐子 9/21
 早川 嘉英
 古田 好孝
 間瀬 邦子
 吉田美年子
 渡会 清子
 七宝  漆芸  諸工芸
 池田 貴普 9/12
 太田 吉亮
 柴田  明
 浅井 啓介 9/20
 安藤源一郎
 安藤 則義
 鵜飼 敏伸
 丹羽 清美
 大橋 敏彦 [金工]
 加藤 英治 [紙芸]
 川口 清三 [木工]
 杉山タカ子 [ 革 ]9/21
 名倉 鳳山 [ 硯 ]
    9/12・9/24・10/1・10/9
 二村 純生 [紙芸] 9/20