現在の展覧会

古川美術館 分館爲三郎記念館同時開催 第二楽章 書だ!石川九楊展

目を瞠る斬新な創作、根底的(ラジカル)な評論、他の追随を許さず、書の表現領域を拡げつづけてきた石川九楊。2017年の夏・一ヵ月にわたった上野の森美術館での「書だ! 石川九楊展」は評判に評判をよんで尻上がりに観覧者を増やしつつ、惜しまれてお開きとなりました。
以来、石川九楊展開催を切望する声しきり。そこで、出品作を大幅に入れ替え、上野の森展とはまたガラリと異なった展覧会を当・古川美術館および分館 爲三郎記念館で開催する運びとなりました。題して「第二楽章‐書だ! 石川九楊展」。
古川美術館では、初期作品「歎異抄」全文ほか、日本古典文学を題材とした作品から、戦後詩、さらには「9.11」「東日本大震災」にちなんだ自作詩、さらには敗戦後の日本の歴史を描いた「敗戦古稀」などの近作までを展示します。
数寄屋建築の分館 爲三郎記念館では、盃千個に一盃一文字をしたためた圧巻の「盃千字文」、軸装の書や陶芸家とのコレボレーションによる文房具(筆、硯、文鎮、筆筒等)、茶道具など、書の多角的な魅力を展覧いたします。
また、特別企画として、会期中、分館 爲三郎記念館の襖四枚に古川美術館で公開制作します。石川九楊の展覧会会場での公開制作は初の試みです。完成作は会期中に爲三郎記念館にはめ込み展覧します。
書家・石川九楊の更なる歩みと今なお追い求める書の表現の宇宙をお楽しみください。

石川九楊「敗戦古稀其二」2016年 ギャラリー白い点

石川九楊「歎異抄No.18」1988年 ギャラリー白い点

 会期  2019年8月3日(土)~10月6日(日)56日間
 前期:8月3日(土)~9月8日(日)
 後期:9月10日(火)~10月6日(日)
 休館日  月曜日(但し8月12日、9月16日、23日は祝日により開館、翌火曜日が休館)
 主催  公益財団法人 古川知足会
 後援他

 愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、中日新聞社、日本経済新聞社、
 CBCテレビ、スターキャット・ケーブルネットワーク株式会社、その他)
 あいちトリエンナーレ2019連携事業、beyond 2020  

 協力

 ギャラリー白い点、株式会社 名古屋画廊、幸兵衛窯、市之倉さかづき美術館

 開館時間  午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)