過去の展覧会関連イベント

古川美術館関連イベント

山本眞輔アーティストトーク

山本眞輔展を記念し、出品作家によるアーティストトークを開催します。
この機会にぜひご参加ください。

日 時  5月27日(土) 14:00~
7月1日(土) 14:00~
場 所  古川美術館展示室
参加費  無料(別途入館料必要)

担当学芸員よるギャラリートーク

展覧会担当学芸員による作品解説です。

日 時  6月10日(土)
     6月24日(土)
     7月7日(金)   各日14:00~
場 所  古川美術館展示室
参加費  無料(別途入館料必要)

※ 6月24日(土)、7月7日(金)は、15時より爲三郎記念館「山本澄江」展の解説も行います。

美術バスツアー 「山本眞輔先生と巡る 一色・パブリック彫刻の旅」 要予約

山本眞輔先生と一緒に、故郷一色町の彫刻を巡ります。
また、一色産うなぎの昼食(三水亭)と、西尾の抹茶工場見学(あいや)もお楽しみください。

日 程   6月23日(金)9:30~17:15 古川美術館発着
定 員   40名
参加費   7,500円(パスポート会員7,000円)
申 込   4月15日開始 ※パスポート会員の方は3月より先行予約。
旅行実施㈱ トラベルコンシェルジュ 愛知県知事登録旅行業2-1286号
見学場所  一色(海浜公園、一色中学校、学びの館、公民館、支所)
西尾(市役所、駅前、図書館)の各彫刻、「尾崎士郎像」
赤馬の径「吉良上野介」

※ 車中見学を含む
※ 詳細については美術ツアーチラシをご覧下さい。

担当学芸員によるギャラリートーク 終了しました

担当学芸員による作品解説です。どなたでもご参加いただけます。

日 時  8月5日(土)
     9月3日(日)
     9月20日(水)
     14:00~美術館  15:00~記念館 (予定)
参加費  無料 (別途入館料必要)

美術講座「爲三郎と古川美術館」 終了しました

財団設立30周年を記念し、爲三郎の夢であった美術館開設までの道のり、及びコレクションの見どころを紹介。

日 時  9月5日(火) 13:30~15:00(予定)
場 所  古川美術館 3階会議室
参加費  無料 (別途入館料必要)
申込み  電話、フロントにて受付

!!特別特典!!
財団設立を記念して当館オリジナル和菓子の逸品「無寿無寿」を一粒プレゼント!

足立守による特別講座「ラピスラズリ~絵画の中の青い宝石」 終了しました

後期に展示する「ブシコー派の画家の時禱書」に使用されているラピスラズリについて、地質学者の足立氏が顔料や宝石の観点から詳しく解説。ラピスラズリの鉱石標本も間近で見られます。

日 時  9月1日(金) 13:30~15:00
講 師  足立 守氏(名古屋大学博物館教授)
場 所  古川美術館 3階会議室
人 数  30名
参加費  無料(別途入館料必要)
申込み  電話、フロントにて受付

ワークショップ「美術館ツアー!!」 終了しました

美術作品に親しむ特別企画!クイズやスタンプラリーをしながら、美術館と記念館を探検しよう。きっと新しい発見があるぞ~!

日 時  8月9日(水) 10:00~11:30
対 象  小学1~3年生
場 所  古川美術館・分館 爲三郎記念館
人 数  午前・午後とも各6名  
参加費  500円(夏休み中のため小学生は入館無料)
申込み  電話、フロントにて受付

ワークショップ「日本画ってなんだ?」 終了しました

美術作品に親しむ特別企画!クイズやスタンプラリーをしながら、絵に使われている≪えの具≫についてもっとよく知ろう!!

日 時  8月9日(水) 13:30~15:00
対 象  小学4~6年生
場 所  古川美術館・分館 爲三郎記念館
人 数  午前・午後とも各6名  
参加費  500円(夏休み中のため小学生は入館無料)
申込み  電話、フロントにて受付

ワークショップ「子どものための美術館の歩き方」 終了しました

美術館で楽しみながら絵を鑑賞したり、日本画材や技法を実際に見たり触ったりしながら、美術の楽しみ方を発見しませんか。

日 時  8月24日(木)  14:00~15:00(予定)
講 師  浅野 秀和氏(日本画家 創画会 会友)
対 象  小学生
場 所  古川美術館・分館 爲三郎記念館  
参加費  無料(夏休み中のため小学生は入館無料)
申込み  電話、フロントにて受付

ワークショップ「美術館で化石さがし&アンモナイトアクセサリー作り」 終了しました

日本で一番古い石の発見者である足立守先生と一緒に、古川美術館の建物に使われている石材に潜む化石を探して館内を探索します。探索後は自由樹脂でアンモナイト型のペンダントやクリップ、キーホルダーなどを作ります。

日 時  8月25日(金)
     午前の部 10:30~12:00【←参加者多数にて午前の部を設けました】
     午後の部 13:30~15:30【午後の部は満席】
講 師  足立 守氏(名古屋大学博物館教授)
     藤田 勝代氏(公益財団法人 深田地質研究所)
場 所  古川美術館 3階会議室
人 数  15名 ※未就学児も保護者同伴であれば参加可。
参加費  500円(夏休み中のため小学生は入館無料)
申込み  電話、フロントにて受付

パスポート会員限定講座「探訪 中世フランス美術」 終了しました

後期(9/16~10/9)に展示する古川美術館所蔵「ブシコー派の画家の時禱書」を含むフランス中世美術の魅力についてお話いただきます。

日 時  9月8日(金)13:30~14:30  
講 師  小林久見子氏
     (アリアンス・フランセーズ講師・椙山女学園大学非常勤講師)
場 所  古川美術館 3F会議室
人 数  50名  
参加費  1,000円(呈茶券1枚付・パスポート会員証必要)
申込み  電話、フロントにて受付

藤森兼明ライブパフォーマンス~喜多郎を描く! 終了しました

2016年日展出品作のモデル・喜多郎氏をスペシャルゲストに迎えます。アーティストトークに加え、藤森兼明氏が喜多郎氏をクロッキーする様子をご覧いただける貴重な機会をお見逃しなく!

日 時   10月22日(日)15:00~
場 所   古川美術館ロビー、展示室
参加費   無料(別途入館料必要)

≪喜多郎プロフィール≫
1980年NHK特集「シルクロード」の音楽を担当したシンセサイザー音楽の第一人者。1994年米映画『天と地』でゴールデングローブ賞作曲賞受賞。2001年グラミー賞受賞。

藤森兼明アーティストトーク

藤森兼明展を記念し、日本藝術院会員であり洋画界の重鎮の藤森兼明先生による作品解説を開催します。
この機会にぜひご参加ください。

日 時   11月25日(土) 14:00~
場 所   古川美術館展示室
参加費   無料(別途入館料必要)

担当学芸員よるギャラリートーク

展覧会担当学芸員による作品解説です。

日 時   11月12日(日)
      11月17日(金)
      12月16日(土)
      ※各日14:00~古川美術館
参加費   無料(別途入館料必要)

担当学芸員によるギャラリートーク 終了しました

2018年新春企画展「寿ぎの四季」の作品解説です。
どなたでもご参加いただけます。

日 時  1月2日(火)
     1月26日(金)
     2月10日(土)14:00~
場 所  古川美術館 展示室  
参加費  無料
備 考  別途入館料必要

美術講座「節分~鬼とはなんだ?」 終了しました

鬼祓いの行事として行われる節分の由来や行事の内容なども絡めて、鬼の文化史についてお話しします。

日 時  2月3日(土) 13:30~15:00(予定)
担 当  山内綾子(「寿ぎの四季展」担当学芸員)
場 所  古川美術館 3階会議室
参加費  無料
備 考  別途入館料必要

ワークショップ 「金箔で蒔絵体験」 終了しました

講師が本展の春の作品から着想を得た図案などを、銘々皿に“蒔絵技法”を使って漆と金箔で作成します。作品は当日お持ち帰りできます。

日 時  1月27日(土)13:30~15:30
講 師  鵜飼 敏伸氏(漆作家・日本工芸会所属)
場 所  古川美術館 3階会議室
定 員  18名
参加費  3,600円(入館券別途必要)
備 考  本漆を使用します。
     漆が服に付着することもありますので、エプロンなどがあると安心です。

為三郎記念館関連イベント

山本澄江アーティストトーク

山本澄江展を記念し、出品作家によるアーティストトークを開催します。
この機会にぜひご参加ください。

日 時  6月20日(火)
7月15日(土) 各日14:00~
場 所  爲三郎記念館
参加費  無料(別途入館料必要)

担当学芸員よるギャラリートーク

展覧会担当学芸員による作品解説です。

日 時  6月24日(土)
     7月7日(金)  15:00~
場 所  爲三郎記念館
参加費  無料(別途入館料必要)

※ 6月24日(土)、7月7日(金)は、14時より古川美術館「山本眞輔」展の解説も行います。

重陽茶会 終了しました

9月9日の重陽の節句は、白露の季節に菊の着せ綿で邪気を祓い健康を願う行事です。本席は当館所蔵の作品をから重陽にちなむものを選び、健康長寿を願います。

日 時  9月9日(土)  
     1席目10:30~
     2席目11:30~
     3席目13:30~
     4席目14:30~
     5席目15:30~  ※ご希望のお席をお申し付けください。
場 所  分館 爲三郎記念館(ひさごの間)
人 数  各席20名  
参加費  薄茶と和菓子 1,000円(別途入館料必要)
申込み  電話、フロントにて受付

ワークショップ「解剖図鑑 ペーパークラフトで知足庵を作ろう!!」 終了しました

厚紙を使う「起こし絵」という方法で、記念館庭園にある知足庵を立体的に作ります。制作前には講師の詳しい解説を聞きながら実際に知足庵を見学。作成後には知足庵を見ながらお抹茶をお召し上がり下さい。

日 時  9月21日(木)13:30~16:00
講 師  山崎茂雄氏
     (インテリアコーディネーター/元椙山女学園大学講師)
対 象  高校生以上
場 所  古川美術館 3階会議室
人 数  各日16名 
参加費  2,200円(呈茶券付・別途入館料必要)
申込み  電話、フロントにて受付

ワークショップ「ディッシュガーデンで爲三郎記念館庭園造りに挑戦」 終了しました

ディッシュガーデンは、お皿の中につるく小さな庭園です。日頃当館庭園の管理をしている講師の見どころ解説の後、お皿に白砂やミニチュア手水鉢を置いて記念館庭園を造ります。作品は持ち帰り、インテリアにどうぞ。

日 時  9月27日(水)13:30~15:30
場 所  爲三郎記念館庭園→古川美術館3階会議室
講 師  白山蜂代氏(ガーデニング講師)
人 数  16名 
参加費  2,500円(別途入館券必要)
協 力  諸戸緑化産業株式会社

観月茶会 終了しました

今年の中秋の名月は10月4日。「十五夜(満月)」とも呼ばれ、また芋の収穫を感謝したことから「芋名月」とも呼ばれます。本席は当館所蔵の茶道具で「月、満月」を表現します。普段は入れない知足庵で“名月”をお楽しみください。

日 時  10月4日(水)10:10~15:10 ※雨天決行
     1席目10:10~  2席目10:45~ 3席目11:20~
     4席目11:55~  5席目13:00~ 6席目13:35~ 
     7席目14:10~  8席目14:45~ 
     ※ご希望のお席をお申し付け下さい。
場 所  分館 爲三郎記念館 庭園茶室「知足庵」
人 数  各席 7名  
参加費  1500円(別途入館料必要)
申込み  電話、フロントにて受付

担当学芸員によるギャラリートーク

展覧会担当学芸員による作品解説です。

 

日 時   11月12日(日)
      11月17日(金)
      12月16日(土)
      ※各日15:00~爲三郎記念館
参加費   無料(別途入館料必要)

ガラス作家・内田邦太郎アーティストトーク

内田邦太郎展を記念し、出品作家による作品解説を開催します。
この機会にぜひご参加下さい。

日 時   10月21日(土)
      12月  2日(土)
      各日14:00~(60分予定)
場 所   爲三郎記念館
参加費  無料(別途入館料必要)

パスポート会員限定美術バスツアー「内田邦太郎先生と巡る ガラス作品の旅」 要予約

内田邦太郎氏と一緒に、ヤマザキマザック美術館と大一美術館のガラス作品鑑賞後、爲三郎記念館「内田邦太郎展」をお楽しみください。昼食は名古屋観光ホテルノランチビュッフェをお楽しみください。

日 時   12月1日 9:45~16:20 古川美術館発着
参加費   7,500円
定 員   40名
対 象   当館パスポート会員とお連れ様
旅行実施  ㈱トラベルコンシェルジュ 愛知県知事登録旅行業2-1286号

≪スケジュール≫
9:45古川美術館集合→ヤマザキマザック美術館→昼食:名古屋観光ホテル(ランチビュッフェ)
→大一美術館→15:20分館爲三郎記念館

※詳細については美術ツアーチラシをご覧下さい。

ガラス茶会~パート・ド・ベール 要予約

内田邦太郎氏のパート・ド・ベール作品を茶道具に用いた茶会です。(流派不問)

日 時   10月28日(土)
      11月30日(木)
      1席目10:10~  2席目10:55~  3席目11:40~
      4席目13:00~  5席目13:45~  6席目14:30~
定 員   各席7名
場 所   爲三郎記念館 庭園茶室「知足庵」
料 金   1,500円(薄茶・主菓子)(別途入館料必要)

新春の呈茶席 終了しました

年初めに邸内に茶席を設けます。
当日参加ですのでお気軽にご参加ください。

日 時  1月2日(火)、3日(水)
     10:30~15:30  ※12:00~13:00は休席
場 所  爲三郎記念館邸内「ひさごの間(6畳)」
形 式  座礼
茶券代  500円(別途入館料必要)
     当日10時より販売開始。売切れ次第終了
備 考  本お茶席では「呈茶回数券」「呈茶招待券」のご利用はできません。

記念館で思い出を - 成人式・家族記念日 - 終了しました

昭和初期の数寄屋建築の分館 爲三郎記念館は、白洲次郎のドラマにも使われたとてもレトロな空間です。
そんな伝統的な正月飾りの厳かな空間で記念撮影はいかがですか?
スタッフが撮影してその場でデータにしますので安心でスピーディ。
成人式だけでなく、ご家族の記念撮影も大歓迎です。

日 時  1月7日(日)・1月8日(月・祝)
     午前の部 10時30分から12時/午後の部 13時~15時
場 所  分館 爲三郎記念館(ひさごの間)、天候によっては日本庭園でも可能です。  
料 金  500円(データ焼代)
備 考  ご衣裳、ヘアメイク、小物類等はすべてご自身でご準備ください。
     新成人の方は年齢が確認できるもの提示で入館料が無料になります。
     家族の記念写真をお考えの方は別途入館料は必要です。

爲三郎誕生日WEEK 終了しました

初代館長 古川爲三郎の誕生日(1/18)を祝し、1月13日~21日まで、“爲三郎誕生日week”として爲三郎にちなんだ作品、愛用した品々などを邸内に展示します。あわせてイベントも開催!

期 間  1月13日(土)~ 1月21日(日)

爲三郎WEEK企画「特別ギャラリートーク」 終了しました

爲三郎の誕生日(1/18)を祝して、古川爲三郎の生涯をご紹介します。

日 時  1月18日(木)
     14:00~

爲三郎WEEK企画「誕生日茶会」 終了しました

爲三郎翁が長寿の秘訣として毎日愛飲した抹茶を、愛蔵の茶道具で楽しみます。

日 時  1月14日(日)
     1席目10:30~/2席目11:30~
     3席目13:30~/4席目14:30~/5席目15:30~
場 所  爲三郎記念館 ひさごの間
定 員  各席 20名
参加費  1,800円[お土産付]
備 考  入館料別途必要
     本お茶会は「和菓子で巡る 名古屋お茶会スタンプラリー」に参加しています。

花人 河村敦子 妹に捧ぐ命の花 終了しました

花人 河村敦子氏による花展を開催します。
氏の亡き妹への思いを花に寄せて、爲三郎記念館邸内を彩ります。

日 時  2月16日(金)~18日(日)
入館料  高大・一般 一律700円(呈茶券付) 小中無料(呈茶券なし)
備 考  この期間中は美術館には入館できません
     本展の詳細は展覧会情報に近日中にアップします。今しばらくお待ちください。

 

その他のイベント

ワークショップ「扇子作りに挑戦!!」 終了しました

夏の風物詩・名古屋扇子をつくりませんか。上絵だけでなく、仕上げの工程を体験します。

日 時  6月17日(土) 14:00~16:30
場 所  古川美術館 3階会議室
人 数  16名
参加費  2,200円(別途入館料必要)
協 力  株式会社末廣堂

※絵付けの工程は色鉛筆を使って行います。
※入館料(大人2館共通券のみ)は200円引き

七夕ウィーク

古川美術館と分館爲三郎記念館に七夕の笹飾りをします。
短冊飾り 笹竹に、願い事を託した短冊を飾りませんか。

期 間  平成29年6月30日(金)~7月7日(金)

呈茶回数券キャンペーン

爲三郎記念館で使用できる喫茶回数券を割引価格にて販売します。
この機会にぜひどうぞ!

販売期間  平成29年6月30日~7月7日

【割引価格】
1冊  2,500円 → 2,250円 (6枚綴=1枚375円)
2冊  5,000円 → 4,450円 (12枚綴=1枚371円)
3冊  7,500円 → 6,650円 (18枚綴=1枚370円)
4冊 10,000円 → 8,800円(24枚綴=1枚367円)

◇通常価格2,500円(6枚綴:1枚417円)

夏越の茶会 要予約

爲三郎記念館 庭園茶室「知足庵」にて、皆様の半年を清め、残る半年の無病息災を願う夏越茶会を開催します。
日 時  6月30日(金) 雨天決行 計8席
①10:10~ ②10:45~
③11:20~ ④11:55~
⑤13:00~ ⑥13:35~
⑦14:10~ ⑧14:45~
定 員  各7名
会 場  爲三郎記念館 庭園茶室「知足庵」
参加費  1,500円※薄茶1服 (別途入館料必要)

※ 入館料(大人2館共通券のみ)は200円引き
※ 座礼・流派不問

財団設立30周年記念 檜舞台 緑風の宴 終了しました

公益財団法人 古川知足会の財団設立30周年記念事業を開催します!
古川美術館の初代館長古川爲三郎が愛し、終のすみかとした邸宅「爲春亭」
爲三郎が103歳の天寿をまっとうしてからは
「創建時の数寄の姿をとどめる邸宅を皆様の憩いの場に」という遺志により
古川美術館 分館爲三郎記念館として開館してまいりました。
地域の皆様に支えられながら、昨年、古川美術館も開館25周年を迎え新たな歩みを始めています。
こうした歩みの前身は初代館長・古川爲三郎(1890-1993)が美術館の建設を夢見て設立した財団法人古川会でした。平成23年8月には、展覧会活動など様々な活動を通じた地域の文化向上への貢献が認められ、公益財団法人への移行認定を受け、同時に、名称を公益財団法人古川知足会へ変更し、本年で設立から30周年となります。
こうした記念すべき年に、芸どころ名古屋にある爲三郎記念館の庭園に檜舞台を設営し、日本の伝統芸能を次世代に向けて発信するイベントを開催して節目を迎えます。

庭園檜舞台
日 時  平成29年5月10日(水)~6月4日(日)

詳しい祭事情報はイベント情報をご覧ください。
またチラシは以下からダウンロードできます!

チラシはこちら→→→檜舞台 緑風の宴

≪檜舞台≫薫風流 家元継承記念「薫風煎茶会(玉露席)」 終了しました

爽快な5月の風そよぐ中、玉露の味と香りをお楽しみいただきます。流派不問、煎茶会が初めての方もお越しをお待ちしております。

日 時  5月10日(水)、11日(木)
①10:30~②11:30~③13:00~
④14:00~⑤15:00~   ※各席30分程度
席 主  加藤景友(靖子) 煎茶道薫風流六世家元
参加費  1,000円※展覧会入館券が必要です
定 員  各席15名
場 所  晴天時 庭園檜舞台
雨天時 爲三郎記念館館内

≪檜舞台≫季の嵐~美神の舞と篠笛の調べ 終了しました

田村能里子による桜の間の天井画・壁画「季の嵐」をモチーフとした舞踊と篠笛のコンサートのコラボレーションをお楽しみください。

日 時  5月12日(金) 受付17:00、開演18:00
出 演  内藤昌子(ダンサー)
友永綾美(篠笛)
熊田靖子(ナレーター)他
参加費  2,000円
定 員  60名
場 所  晴天時 庭園檜舞台 雨天時 爲三郎記念館館内

≪檜舞台≫西崎佳代子 魅惑のトランペット 終了しました

トランペット奏者西崎佳代子がクラシックの名曲&珠玉の映画音楽を中心にお届けいたします。

日 時  5月18日(木)
受付17:00、開演18:00~
出 演  西崎佳代子(トランペット奏者)
参加費  2,000円
定 員  60名
場 所  晴天時 庭園檜舞台 雨天時 爲三郎記念館館内

※ 呈茶利用時間17:00~18:00(ラストオーダー10分前)
※ 呈茶は希望者のみ、別途必要(500円)

≪檜舞台≫和んぱく会 IN 爲三郎記念館 終了しました

芸どころ名古屋を伝承する茶道、華道、日本舞踊、笛方、陶芸の分野で活躍する5名が織りなす『芸の共演』

日 時  5月20日(土)、21日(日)
昼の部  受付 12:30(開演13:00 閉会15:00)
夜の部  受付 16:30(開演17:00 閉会19:00)
出 演  谷口剛久(茶道表千家古今庵)
小川珊鶴(花道家・平成芸術花院主宰)
西川まさ子(日本舞踊・西川流家元補佐)
福原寛(福原流笛方)
谷本洋(陶芸家 伊賀焼)
参加費  3,000円
定 員  各50名
会 場  晴天時 庭園檜舞台(パフォーマンス等)、爲三郎記念館邸内(茶席等)
雨天時 爲三郎記念館館内(パフォーマンス、茶席)

≪檜舞台≫新緑の古川茶会 終了しました

若葉新緑を愛でながらの檜舞台で香煎席をご用意しています。そして数寄屋空間の邸内で当館所蔵の茶道具を使用して薄茶と、猿投温泉「ホテル金泉閣」のお弁当をお楽しみください。

日 時  5月24日(水)
①10:30 ②11:30 ③12:30 ④13:30 ⑤14:30
参加費  3,000円(お茶、お弁当、次回展招待券)
定 員  各席20名
会 場  晴天 庭園 檜舞台  雨天 爲三郎記念館館内

 

≪檜舞台≫爲三郎記念館 庭園檜舞台 緑風茶会 終了しました

若葉新緑を愛でながら、檜舞台で季節の和菓子と干菓子で薄茶一服をお楽しみください。

日 時  5月27日(土)、28日(日)
①10:30 ②11:30 ③13:30 ④14:30 ⑤15:30 ※各席30分程度
参加費  1,000円
定 員  各席15名
会 場  晴天 庭園 檜舞台  雨天 爲三郎記念館館内

※展覧会入館券が必要です

≪檜舞台≫天野武子 別所知佳~チェロと箏の夕べ 終了しました

チェロと箏が織りなす美しいハーモニーをお楽しみください。

日 時  5月31日(水)
受付17:00 開演18:00
出 演  天野武子(チェリスト)
別所知佳(箏・三絃演奏家)
参加費  2,000円
定 員  60名
会 場  晴天 庭園 檜舞台  雨天 爲三郎記念館館内

※ 呈茶利用時間17:00~18;00(ラストオーダー10分前)
※ 呈茶は希望者のみ、別途必要(500円) 

≪檜舞台≫むすめ歌舞伎 終了しました

むすめ歌舞伎「色はいずれ あやめ杜若」(市川櫻香作)の他、小説家・奥山景布子とむすめ歌舞伎演者柴川菜月の対談、「女性と芸能」についての解説をお楽しみください。

日 時  6月2日(金)
受付17:00~ 開演18:00~
出演等  小説家 奥山景布子(解説)
名古屋むすめ歌舞伎 柴川菜月
参加費  2,000円
定 員  60名
会 場  晴天 庭園 檜舞台  雨天 爲三郎記念館館内

※ 演目が変更される場合があります
※ 呈茶利用時間17:00~18:00(ラストオーダー10分前)
※ 呈茶は希望者のみ、別途必要(500円)

≪檜舞台≫和楽の心「狂言」野村又三郎 終了しました

狂言の和泉流野村派十四世 野村又三郎による狂言とお話をお楽しみください。

日 時  6月3日(土)
受付17:00~ 開演18:00~
出 演  野村又三郎(狂言 和泉流野村派十四世)
参加費  2,000円
会 場  晴天 庭園 檜舞台  雨天 爲三郎記念館館内

※ 演目が変更される場合があります
※ 呈茶利用時間17:00~18:00(ラストオーダー10分前)
※呈茶は希望者のみ、別途必要(500円)

≪檜舞台≫藤田六郎兵衛~笛の世界 玉屋庄兵衛~山車からくりとの競演 終了しました

能管と山車からくり人形の競演をお楽しみください。

日 時  6月4日(日)
受付17:00~ 開演18:00~
出 演  藤田六郎兵衛(能楽笛方藤田流十一世宗家)
九代玉屋庄兵衛(からくり人形師)
参加費  4,000円
定 員  60名
会 場  晴天 庭園 檜舞台  雨天 爲三郎記念館館内

※ からくり演目が座敷からくりに変更されます
※ 呈茶利用時間17:00~18:00(ラストオーダー10分前)
※呈茶は希望者のみ、別途必要(500円)

秋のパスポート入会キャンペーン 終了しました

パスポート会員になると、展覧会鑑賞だけでなく限定企画への参加や、グッズ10%Offなど、特典満載です。今なら財団設立30周年記念として、新規入会金5,000円を30%OFFの3,500円に。さらにご夫婦で入会の方は、二人同時入会で通常8,000円を6,000円に。30%割引は今回限り?!是非ご入会を。

期 間  9月5日(火)~9月24日(日)

※9月11日(月)~9月15日(金)は作品入れ替えのため休館しております。

文化の日「連続文化講座」 終了しました

各界著名人が、古川美術館の位置する池下・覚王山地区の歴史文化についてその魅力をお届けします。

日 時   11月3日(金・祝)10:30~12:00
      講 師:長谷義隆(中日新聞 編集委員)
      テーマ:「尾張・名古屋の茶の湯の源流を探る」

      11月4日(土)13:30~15:00
      講 師:野村勘治(野村庭園研究所 所長)
      テーマ:「名古屋の庭園文化と爲三郎記念館」

      11月5日(日)13:30~15:00
      講 師:高木傭太郎(愛知淑徳大学非常勤講師)
      テーマ:「池下・覚王山の歴史と文化」

参加費   各回1,000円(呈茶付・別途入館料必要)
会 場   古川美術館3階会議室
定 員   各回40名

クラリネット奏者 つつみ あつき氏と 木の実で楽器を作って演奏しよう!! 終了しました

爲三郎記念館の庭園で木の実拾いを楽しみ、「椎の実マラカス」と「どんぐりでんでん太鼓」を作って演奏しよう!つつみ氏による秋の曲演奏もあります。

日 時   11月11日(土)14:00~15:15
参加費   1,000円(保護者は別途入館料必要)
定 員   24名
対 象   小学生、園児 ※園児は保護者付添い
会 場   爲三郎記念館庭園→古川美術館3階会議室

季節の切り絵ワークショップ 要予約

季節感のあるモチーフ(数種類から選択可)を切り絵で作成します。

日 程   12月9日(土) 14:00~16:00
対 象   高校生以上
場 所   古川美術館3階会議室
定 員   16名
申込み   事前予約(先着順)
参加費   500円(入別途入館料必要)

数寄屋カフェよりお知らせ 終了しました

創業150年余の落雁専門店「大黒屋本店」の落雁の詰め合わせを数量限定販売ほかでは味わえない口溶けの良さが特長の伝統の落雁をお楽しみください。

商品名  落雁詰め合わせ (大黒屋本店製) 
価 格  800円(税別)
販売開始 平成30年1月2日~
備 考  売切次第販売終了【限定数20箱】