次回の展覧会関連イベント

各種申込ご予約は、お電話(052-763-1991)にて古川美術館まで

古川美術館関連イベント

連続文化講座~「楽しむ茶の湯」 伝統と創造 要予約

尾州有楽流に光を当て、その復興に携わりながらも、現代のお茶会を提案しつづけている長谷義隆氏より、「尾州有楽流」という流派についてお話しとともに相違工夫や今まで行ってきたお茶会のお話しをしていただきます。

日 時: 10月24日(水) 13:30~15:00
講 師: 長谷義隆氏
定 員: 35名
会 場: 古川美術館 3階会議室
参加費: 1,000円(要両館共通入館券・呈茶券込)
申 込: お電話にて(052-763-1991)

長谷義隆
舞台芸術ジャーナリスト、尾州有楽流茶道家。中日新聞社放送芸能部の編集委員として、
洋の東西を問わず舞台芸術、音楽を主に取材、批評を執筆。各種コンクールの審査員を務める。
茶道では、尾張徳川家の御家流だった大名茶道「尾州有楽流」の復興に携わり、伝統と創造を両輪に、 本格的かつ斬新な茶会を主宰。当地の茶道史の掘り起こしにも取り組む。
自邸に江戸時代の茶室、庭を移築し年内に開設する予定。

連続文化講座~「楽しむ茶の湯」茶席実践編 要予約

1回目、2回目の講座の実践編としての茶席です。
長谷先生が席主を務める茶席で薄茶二服を召し上がっていただいた後、
今回のお道具の取り合わせやテーマ有楽流と千家の茶についての
違いなどをお話ししていただきます。

日 時: 11月28日(水)
     午前10:30~12:00/午後13:30~15:00 
講 師: 長谷義隆氏
定 員: 各回20名
会 場: 爲三郎記念館  
参加費: 3,500円 (要両館共通入館券)
申 込: お電話にて(052-763-1991)

長谷義隆
舞台芸術ジャーナリスト、尾州有楽流茶道家。中日新聞社放送芸能部の編集委員として、
洋の東西を問わず舞台芸術、音楽を主に取材、批評を執筆。各種コンクールの審査員を務める。
茶道では、尾張徳川家の御家流だった大名茶道「尾州有楽流」の復興に携わり、伝統と創造を両輪に、 本格的かつ斬新な茶会を主宰。当地の茶道史の掘り起こしにも取り組む。
自邸に江戸時代の茶室、庭を移築し年内に開設する予定。

連続文化講座~近代京都と名古屋の都市間対抗と近代名古屋東山の誕生 要予約

名古屋は京都の影響を受けるだけでなく、時に支え時に対抗しました。
第1回目は江戸時代を中心に、第2回目は近代を中心に、
名古屋と京都との複雑な関係を両者の「東山」を舞台に紐解きます。

日 時: 1月23日(水)13:30~15:00
     2月20日(水)13:30~15:00 
講 師: 高木傭太郎氏
定 員: 35名
会 場: 古川美術館 3階会議室
参加費: 各回1,000円(要両館共通入館券・呈茶券込)
申 込: お電話にて(052-763-1991)

高木傭太郎
1947年名古屋生まれ。名古屋大学文学研究科日本史専攻博士課程単位取得退学。大学時代は織田信長の研究を行っていたが、その後軸足を近代も含む東海地域史研究に移す。東海地域の大学非常勤講師を長年務めながら、名古屋市史の編纂に参加。その一方、東海地域各都市の社会教育の講師を務めながら、ちくさ文化の里づくりの会(代表)・志段味の歴史と文化に親しむ会(世話人)等、名古屋市内の歴史と文化を生かした街づくりに参加している。

連続文化講座~高木傭太郎先生と巡る名古屋・東山散策 要予約

1月2月の講座でお話しいただいた名古屋の東山を実際に散策いたします。
日泰寺や揚輝荘など覚王山・東山地区の建築を高木先生に解説していただきながら巡ることで、
日ごろとは違った目線で覚王山・東山地区を散策します。

日 時: 3月28日(木)13:30~16:00
講 師: 高木傭太郎氏
参加費: 1,500円(揚輝荘入館券・記念館呈茶券込) 
定 員: 40名
集 合: 古川美術館 
解 散: 覚王山駅
申 込: お電話にて(052-763-1991)

高木傭太郎
1947年名古屋生まれ。名古屋大学文学研究科日本史専攻博士課程単位取得退学。大学時代は織田信長の研究を行っていたが、その後軸足を近代も含む東海地域史研究に移す。東海地域の大学非常勤講師を長年務めながら、名古屋市史の編纂に参加。その一方、東海地域各都市の社会教育の講師を務めながら、ちくさ文化の里づくりの会(代表)・志段味の歴史と文化に親しむ会(世話人)等、名古屋市内の歴史と文化を生かした街づくりに参加している。

アーティストトーク

木村光宏による作品解説。
作品に対する思いや見どころなど、作家本人から聞ける貴重な機会です。

日 時  ①10月20日(土) 10:00〜
     ②11月14日(水) 14:00~ 
     ③12月12日(水) 14:00~
参加費  無料(別途入館券必要)

ギャラリートーク

担当学芸員による作品解説です。

 
日 時  ①10月27日(土)   
     ②11月23日(金・祝) 
     ③12月8日(土)     各日14:00~
参加費  無料(別途入館券必要)

美術バスツアー「木村光宏と巡る小原の四季桜と紅葉の旅」 要予約

豊田市小原地区で見ごろを迎える紅葉と、秋にも可憐に花を咲かせる四季桜が
作り出す赤いもみじと淡いピンクの桜のありえない光景が心をとらえます。
そんな印象的な風景を素敵に切り取るポイントを風景画家の木村画伯に
伝授してもらいませんか?
美術館に帰館後は画伯による作品解説もあります。

日 時  11月21日(水) 
人 数  24名(先着順・お電話にてお申込み) 
参加費  一般7900円、パスポート会員7400円 
備 考  自由時間にスケッチをご希望の方は、道具をご持参ください。
申込み  電話(052-763-1991)、フロントにて

※詳細については美術ツアーチラシをご覧ください。
※ツアー行程は天候等により変更することがございます。
※大型バスにて移動、当日の天候、交通状況等により到着時間が変更になる場合がございます。

スケジュール  
9:00古川美術館発→川見薬師寺(四季桜)→昼食(猿投温泉)
→猿投神社→地酒菊石の酒蔵(試飲あり)→16:00古川美術館着(作品解説)

為三郎記念館関連イベント

霜月茶会 要予約

流派を問わず当館所蔵の茶道具で霜月のひと時をお抹茶とお食事でお楽しみください。

日 時  11月15日(木)  
     ①10:00~   ②10:40~   ③11:20~
     ④12:00~   ⑤13:15~  ⑥13:55~
     ⑦14:35~
場 所  薄茶席爲三郎記念館 庭園茶室「知足庵」
     ≪弁当席≫爲三郎記念館館内 
         ※11:00~14:00の間の好きな時間にお召あがり下さい。
定 員  各席7名  
参加費  一般:5,300円(薄茶一服・弁当、別途入館券必要)
     パスポート会員:4800円

その他のイベント

文化の日特別講座「名古屋の茶道文化~和菓子作り体験」 要予約

名古屋の茶道・和菓子についての講座のあとは、
繊細で美しい和菓子をプロの手ほどきを受けながら手作りします。

日 時  11月3日(土・祝)
     13:00~14:00 講座「名古屋の茶道文化」
     14:30~16:00 和菓子作り
講 師  ≪講座≫水野荘平氏
     ≪和菓子≫拓植千晴氏(大黒屋本店五代目)
会 場  ≪講座≫古川美術館3F会議室 
     ≪和菓子≫分館 爲三郎記念館
定 員  25名
参加費  2,500円(別途入館券必要)
持ち物  エプロン・髪をまとめるもの

講師プロフィール
水野荘平氏
博士(文学)・愛知学院大学非常勤講師
1976年愛知県生まれ。
名古屋の茶道に関する著作多数

拓植千晴氏
大黒屋本店五代目