現在の展覧会関連イベント

各種申込ご予約は、お電話(052-763-1991)にて古川美術館まで

古川美術館関連イベント

ジュディ・オング倩玉 来館!!アーティストトーク

作品を前に、ジュディ・オング倩玉が作品解説をします。

日 時   8月4日(土)14:00~
会 場   古川美術館展示室 予約不要 
参加費   無料(別途入館料必要)

ジュディ・オング倩玉 来館!!美術講演会&サイン会 要予約

版画制作への想いや制作秘話など、作家としてのお話を中心に、
日本介助犬協会サポート大使の活動や介助犬のデモンストレーションなども予定しています。
講演会終了後は、当日図録をお買い上げの方にサインを致します。(当日サイン会用整理券配布)

日 時   9月29日(土) 13:30~
会 場   ルブラ王山
参加費   500円 (別途入館券必要)
申 込   フロント、電話にて(052-763-1991)

担当学芸員によるギャラリートーク

「ジュディ・オング倩玉木版画展」担当学芸員による作品解説を開催します。

日 時   8月8日(水)
      9月5日(水)
      9月23日(日・祝) 各日 14:00~
参加費   無料(別途入館券必要)
会 場   古川美術館
備 考   8月8日は“まるはちの日”にちなみ、入館料(一般)を¥800とします!
      名古屋市以外の方でも対象です。

シルバー・デイズ

敬老の日を含む3日間、65歳以上の方と、一緒にご来館された方全員、
入館料を半額にいたします。
おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に、展覧会を一緒に鑑賞しませんか? 
世代を超えて、新しい発見があるかも!?

日 時   9月15日(土)~17日(日・祝)
特 典   65歳以上の方(年齢が分かるもの必要)の入館料半額 
      同伴の方全員(一般、高大、小中全て)半額(同時入館に限ります)
      ※単館券の割引、その他の割引の併用はできません。

ワークショップ「おじいちゃん・おばあちゃんに紙版画の手紙を作ろう! 要予約

9/17の敬老の日のプレゼントに、手作り紙版画で手紙を作りませんか?
紙版画は花などのモチーフに切った画用紙を数枚重ね合わせて層にして、
インクをつけて紙を載せ、版画の要領で刷るとモチーフが紙にくっきり印刷されます。
その手紙をおじいちゃん・おばあちゃんに送ると、
その手紙が敬老の日のおじいちゃんたちの無料入館券になるよ!

日 時   8月24日(土)
      午前の部10:30~/午後の部13:30~
講 師   落合晶代(日本画家・株式会社美音取締役)
場 所   古川美術館 3階会議室
人 数   各回20名  
対 象   3歳以上(未就学児(低学年)は保護者同伴)
参加費   500円(別途入館券必要。夏休み期間中のため小中学生入館無料)
申込み   フロント、電話にて(052-763-1991)
持ち物   特になし。汚れてもよい服装、エプロンをご用意下さい。

秋のパスポート入会キャンペーン

パスポート会員になると、展覧会鑑賞だけでなく限定企画への参加や、
グッズ10%Offなど、特典満載です。
下記の期間中は新規入会金5,000円をの4,000円に。
さらにご夫婦で入会の方は、二人同時入会で通常8,000円を6,000円に。
この機会に是非ご入会を。

期 間  9月4日(火)~9月9日(日)10:00~17:00

為三郎記念館関連イベント

担当学芸員によるギャラリートーク

「愛知県立芸術大学柏会展」担当学芸員による作品解説を開催します。

日 時   8月8日(水)
      9月5日(水)
      9月23日(日・祝) 各日 15:00~
参加費   無料(別途入館券必要)
会 場   爲三郎記念館
備 考   8月8日は“まるはちの日”にちなみ、入館料(一般)を¥800とします!
      名古屋市以外の方でも対象です。

柏会 スライドトーク 要予約

出品作家がスライドに作品を映しながら、見どころや制作方法や制作秘話などを解説します。
スライドを観た後は、記念館で実際に作品鑑賞できます。

日 時   8月18日(土) 岩渕 寛/大谷 昌拡/森本 静花/宮下 陽
      9月8日(土)明石 朋実/清水 美香子/武 二香
      10月6日(土)熊澤 文太/小枝 真人/藤井 茉弥/屋我 優人
      各日 14:00~
場 所   古川美術館 3階会議室
人 数   20名
参加費   無料(別途入館券必要)
申 込   フロント、電話にて(052-763-1991)

晩夏の夜を逸品の器と懐石で愉しむ ~inよし川 要予約

まだ暑い夏の夕べ。記念館で作品鑑賞後、出品作家の器や酒器を使用して、
「日本料理よし川」の和食やおいしい日本酒を作家と一緒に楽しみませんか?

日 時   8月30日(水)16:30~19:30
人 数   20名  
参加費   13,000円(会期中有効の記念館入館券、料理代込)
      ※但し、懐石コース内のお飲み物については各自のお支払いとなります
受 付   爲三郎記念館
お食事   日本料理 よし川
作 家   太田公典 梅本孝征・佐藤文子
申込み   フロント、電話にて(052-763-1991)

重陽茶会 要予約

9月9日の重陽の節句は、白露の季節に菊の着せ綿で邪気を祓い健康を願う行事です。
本席は当館所蔵の作品から重陽にちなむものを選び、健康長寿を願います。

日 時   9月4日(火)  
      1席目10:10~    2席目10:55~   3席目11:40~
      4席目13:00~    5席目13:45~   6席目14:35~  
      各席 約30分
場 所   爲三郎記念館 庭園茶室「知足庵」
人 数   各席7名  
参加費   薄茶と和菓子 1,500円(別途入館券必要)
申込み   フロント、電話にて(052-763-1991)

その他のイベント

連続文化講座~「楽しむ茶の湯」 名古屋の茶風 伝統と今 要予約

流派に立脚しつつ、超党派での茶の湯が楽しまれる名古屋。活発な流派相乗りにより、月窯が年間100席あまり催されています。このような名古屋の茶の湯について近代の歴史を紐解き、他の地域の歴史と比較することでわかりやすくお話ししていただきます。

日 時: 9月12日(水) 13:30~15:00
講 師: 長谷義隆氏
定 員: 35名
     ※こちらのイベント満席になりました。御了承ください。
会 場: 古川美術館 3階会議室
参加費:1,000円(要両館共通入館券・呈茶券込)
申 込:お電話にて(052-763-1991)

長谷義隆
舞台芸術ジャーナリスト、尾州有楽流茶道家。中日新聞社放送芸能部の編集委員として、
洋の東西を問わず舞台芸術、音楽を主に取材、批評を執筆。各種コンクールの審査員を務める。
茶道では、尾張徳川家の御家流だった大名茶道「尾州有楽流」の復興に携わり、伝統と創造を両輪に、 本格的かつ斬新な茶会を主宰。当地の茶道史の掘り起こしにも取り組む。
自邸に江戸時代の茶室、庭を移築し年内に開設する予定。